【体脂肪低下効果】映画ゲームチェンジャーが教える、菜食主義による筋力アップと減量法

1.映画ゲームチェンジャー:スポーツ栄養学の真実とは?

映画ゲームチェンジャーは、ジェームズ・キャメロン、ルイス・セイヤー、ジョセフ・ペース、チャールズ・シェア、スコット・ジュラードが共同制作し、2018年に公開されました。

この映画は、植物性食品の利点についての議論を深めることを目的としており、多くの健康専門家や有名なスポーツ選手がインタビューされています。

(*少し前まではNETFLIXで視聴できましたが2023年2月現在視聴できません。)

映画では、スポーツパフォーマンスと植物性食品の関係性に焦点が当てられており、肉食主義者であった元ウルトラマラソンランナーのスコット・ジュラードが、植物性食品に移行したことでスポーツパフォーマンスが向上した実体験を紹介しています。

また、元NBAバスケットボール選手のビル・ウォルトン、オリンピック金メダリストのカール・ルイス、UFCファイターのジェームズ・ウィルクスなど、多くの有名なスポーツ選手も植物性食品に切り替えたことでスポーツパフォーマンスが向上したと証言しています。

映画では、健康に関するリスクと肉食の関係性にも焦点が当てられており、肉食を過剰に摂取することが、心臓病やガンなどの健康リスクを引き起こす可能性があることが紹介されています。また、肉食産業が環境に与える影響についても取り上げられており、植物性食品を摂取することが、環境にも良い影響を与えることが示されています。

この映画は、植物性食品に興味のある人や、スポーツパフォーマンスを向上させたい人、健康や環境問題に関心のある人にとって、興味深い内容が詰まった映画と言えます。

2.映画ゲームチェンジャーが教える、菜食主義の効果的な筋トレプランとは?

映画ゲームチェンジャーによると、菜食主義でも十分に筋力をつけることができるとされています。以下は、菜食主義における効果的な筋トレプランの例です。

①タンパク質をバランスよく摂取する

菜食主義者は動物性タンパク質を摂取できないため、積極的に豆類、ナッツ、シード類などの植物性タンパク質を摂る必要があります。また、タンパク質を効果的に摂取するために、食事のタイミングや量、タンパク質の種類をバランスよく摂ることが重要です。

②鉄分を意識して摂取する

菜食主義者は鉄分の摂取に注意が必要です。鉄分は筋肉を増やすために欠かせない栄養素であるため、スピナッチ(ほうれん草)や豆類などの鉄分が豊富な食品を摂るように心掛けましょう。

③筋肉を成長させるトレーニングを行う

筋肉を成長させるためには、強度の高いトレーニングが必要です。ウエイトトレーニングやHIIT(ハイインテンシティインターバルトレーニング)などを取り入れることで、筋肉を刺激して成長を促すことができます。

④適度な休息をとる
トレーニングの効果を最大限に引き出すためには、十分な休息が必要です。筋肉の修復や成長は休息中に起こるため、トレーニングと休息をバランスよく行うように心掛けましょう。

⑤栄養補助食品を活用する
菜食主義者は、必要な栄養素を全て摂るのが難しい場合があります。そのため、タンパク質やビタミン、ミネラルなどを含むサプリメントやプロテインパウダーを活用することで、必要な栄養素を補うことができます。

以上のポイントを押さえながら、菜食主義者でも十分に筋力をつけることができる筋トレプランを立てるとよいということです。*当ジムでもクライアント様の環境に合わせたプラントベースの食事プランをご提供しています。

 

3.映画ゲームチェンジャーによるアスリートの成功事例

映画ゲームチェンジャーによるアスリートの成功事例としては、以下のようなものがあります。

パトリック・バボウム – ドイツのアイスホッケー選手。映画ゲームチェンジャーの出演者の1人であり、菜食主義に転向したことで身体能力が向上し、競技成績も大幅に伸ばしたと言われています。

ミーシャ・ジャネット – イギリスのフィットネスモデル。菜食主義者であり、映画ゲームチェンジャーにも出演しています。彼女は菜食主義に転向したことで筋肉量が増加し、フィットネスコンテストで優勝するなど、多くの成功を収めています。

スコット・ジュレック – アメリカのウルトラマラソンランナー。菜食主義者であり、映画ゲームチェンジャーにも出演しています。彼は菜食主義に転向したことで、驚異的な持久力を発揮し、ウルトラマラソンで数々の記録を打ち立てています。

これらのアスリートたちは、菜食主義に転向することで身体能力や持久力を向上させ、競技成績を伸ばすことに成功しています。

映画ゲームチェンジャーは彼らの成功事例を紹介し、菜食主義がアスリートにとっても有効であることを示しています。
また、映画では俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーも出演しています。彼は動物性タンパク質を減らし、プラントベースの食事に切り替えるなど、菜食主義に取り組んでいるということです。プラントベースの食事について自身の経験を共有しています。

 

4.映画ゲームチェンジャーの動物性タンパク質と筋トレに関する迷信について

映画ゲームチェンジャーによると、以下のような迷信があるとされています。

①動物性タンパク質は筋肉をつけるために必要だ
これは誤りで、プラントベースの食品からも十分なタンパク質を摂取することができます。

②動物性タンパク質は筋肉回復に必要だ
これも誤りで、プラントベースの食品からも十分な栄養素を摂取することができます。

③動物性タンパク質は、プラントベースのタンパク質と比較して、筋肉をつけるために効果的だ

これも誤りで、プラントベースの食品からも十分なタンパク質を摂取することができ、実際に筋肉をつけるためには、カロリーやトレーニングの量などの他の要因が重要です。

これらの迷信が、プラントベースの食事が健康や筋肉量に悪影響を与えるという誤った考えを広める原因となっています。しかし、実際にはプラントベースの食事は、健康的で栄養価が高く、筋肉量を維持するのに十分なタンパク質が含まれています。

5.菜食主義による筋力アップと体脂肪低下の科学的根拠

映画ゲームチェンジャーで紹介された菜食主義による筋力アップと体脂肪低下の科学的根拠は以下の通りです。

①筋肉合成に必要な栄養素が菜食食品に含まれていること

筋肉合成には必須アミノ酸が必要であり、菜食食品には必須アミノ酸を含むものが多くあります。また、植物性タンパク質は消化吸収が遅く、長期的な筋肉合成に適しています。

②菜食主義者でも適切な摂取量のタンパク質が摂れること

菜食主義者でも、野菜、豆類、ナッツ、種実類、大豆製品などから十分なタンパク質を摂取することができます。

インフラメーションの軽減:動物性タンパク質を多く摂取すると、炎症反応が増加することが知られています。一方、菜食主義による食生活は、炎症を抑制する作用があります。

③フィトケミカルの影響

植物性食品に含まれるフィトケミカルは、筋肉の炎症を軽減し、回復を促進する効果があるとされています。

④体脂肪低下効果

菜食主義は、体脂肪の減少にも効果があるとされています。研究によると、菜食主義者は一般的にBMIが低く、体脂肪率も低い傾向があると報告されています。

これらの根拠から、菜食主義による筋力アップと体脂肪低下が可能であるとされています。ただし、適切な栄養バランスを保ちながら摂取量やタイミングなどを調整する必要があります。

6.筋トレ前後の食事について:映画ゲームチェンジャーの提案

映画ゲームチェンジャーでは、筋トレ前後の食事について以下の提案がされています。

①筋トレ前の食事について

筋肉のエネルギー源であるグリコーゲンを補充するために、適度な炭水化物を摂取することが推奨されています。また、タンパク質を摂取することも重要であり、豆類、ナッツ類、豆腐、シーツードなどの植物性タンパク質がおすすめです。

②筋トレ後の食事について

筋肉の修復と成長に必要な栄養素を補充するために、タンパク質を豊富に含む食品を摂取することが推奨されています。また、適度な炭水化物と脂質も摂取することが大切です。植物性タンパク質は、豆類、豆腐、ナッツ類、シーツード、グリーンピースなどがおすすめです。

筋トレ前後の食事については、個人の目的や体調、トレーニングの内容によっても異なるため、専門家のアドバイスを受けることも大切です。
*当ジムではクライアント様の環境に合わせて適切な食事法を指導しております。

7.筋トレ中に必要な栄養素と菜食主義の食品選択

映画ゲームチェンジャーは、筋トレ中に必要な栄養素として、以下のような栄養素を挙げています。

①タンパク質
筋肉の成長と修復に必要な栄養素であり、豆類、豆腐、ナッツ、シード、全粒穀物などの菜食食品から摂取することができます。

②炭水化物
エネルギー源として筋トレに必要な栄養素であり、野菜、果物、全粒穀物、豆類などから摂取することができます。

③脂質
細胞膜の構成要素やホルモン合成に必要な栄養素であり、ナッツ、シード、アボカド、オリーブオイルなどから摂取することができます。

④ビタミンとミネラル
免疫機能や筋肉の収縮などに必要な栄養素であり、野菜、果物、豆類、全粒穀物、種実類などから摂取することができます。

菜食主義者は、これらの栄養素を植物性食品からバランスよく摂取することが重要です。特に、タンパク質は適量を摂ることが重要です。映画ゲームチェンジャーでは、筋トレ中に必要なタンパク質の量を1キログラムの体重あたり1.6グラムから2.2グラム程度としています。また、筋トレ前には、消化のしやすい軽食を食べ、筋トレ後には、タンパク質や炭水化物を含む食事を摂ることを提案しています。

8.菜食主義者でも十分な筋肉をつける方法とは?

映画ゲームチェンジャーによれば、菜食主義者でも十分な筋肉をつけることができます。以下は、映画ゲームチェンジャーが提唱する菜食主義者の筋肉量を増やすための方法です。

①十分なタンパク質を摂取する

菜食主義者でも、豆類、豆腐、ナッツ、種子、大豆プロテインなど、多様なプラントベースの食品から十分なタンパク質を摂取することができます。また、複数のプラントベースのタンパク源を組み合わせることで、必要なアミノ酸を摂取することができます。

②鉄分を摂取する

鉄分は筋肉を作るのに必要な栄養素です。菜食主義者は、豆腐、スピナッチ、キノコ、ナッツ、種子などの鉄分豊富な食品を摂取することで、必要な量の鉄分を得ることができます。

③カルシウムを摂取する

筋肉を機能させるためには、カルシウムが必要です。菜食主義者は、カルシウム豊富な食品として、ブロッコリー、カリフラワー、豆腐、豆乳、アーモンドミルクなどを摂取することができます。

④必要な栄養素をサプリメントで補う

菜食主義者は、B12やD3などのビタミンやミネラルを補うために、サプリメントを摂取することができます。

(当ジムではサプリメント以外に”海苔”などのB12の豊富な海藻類の摂取をお勧めしています。)

⑤適切なトレーニングを行う

筋肉をつけるためには、適切なトレーニングが必要です。適切な重量や回数の重量トレーニングを行うことで、筋肉を刺激することができます。

⑥十分な睡眠を取る

十分な睡眠をとることで、筋肉の修復や成長が促進されます。

これらの方法を組み合わせることで、菜食主義者でも十分な筋肉をつけることができます。

9.筋トレ後のリカバリーフードにおすすめの菜食食品とは?

映画ゲームチェンジャーによると、筋トレ後のリカバリーフードには以下のような菜食食品がおすすめされています:

①豆類
豆腐、枝豆、エダマメ、ヒヨコ豆、レンズ豆などは、良質のたんぱく質や炭水化物、ビタミン、ミネラルが豊富で、筋肉の回復や再生に必要な栄養素を含んでいます。

②ナッツ類
アーモンド、ピスタチオ、カシューナッツ、くるみなどは、たんぱく質や不飽和脂肪酸、ビタミンE、マグネシウムが豊富で、筋肉の痛みや炎症を抑える効果があるとされています。

③野菜類
スピナッチ、ブロッコリー、アボカド、キャベツ、トマトなどは、抗酸化作用があり、筋肉のダメージを修復し、筋肉の成長を促進する効果があるとされています。

④フルーツ類
バナナ、ブルーベリー、イチゴ、キウイ、パイナップルなどは、糖質やビタミンCが豊富で、筋肉のエネルギー補充やダメージを修復する効果があるとされています。

これらの菜食食品を適切に組み合わせることで、筋肉の回復や再生に必要な栄養素を摂取し、効率的にリカバリーすることができます。ただし、個人の体調や目的に応じて、適切な食品選択と摂取量を調整する必要があります。

10.菜食主義と筋トレの相性の良さを考える

映画ゲームチェンジャーでは、菜食主義と筋トレは相性が良いとされています。それは、菜食主義の食生活によって体に必要な栄養素がバランスよく摂取でき、かつ筋肉をつけるための必要な栄養素も豊富に含まれているためです。

たとえば、肉類に含まれるタンパク質は、大豆や豆腐、ナッツ、シード類、穀物などの植物性食品でも摂取することができます。また、筋肉をつけるために必要なビタミンやミネラルも、菜食主義の食品であれば豊富に含まれています。

さらに、菜食主義の食生活は、健康的な体重管理にも役立ちます。過剰な脂肪やコレステロールを含む動物性食品を摂取することが少なくなるため、体脂肪を減らすことができ、筋肉がより引き締まった体を作ることができます。

したがって、映画ゲームチェンジャーでは菜食主義の食生活が、筋トレを行う上で有効であると考えられています。ただし、個人差や目的によって無理に採食になるのではなく、自分に合った食生活を見つけることが大切です。

当ジムの監修者である小森秀信は、55歳の菜食主義者ですが、このような肉体をプラントベースの食事だけで維持しています。

 

関連記事

  1. 載っていた言葉に共感して・・・

  2. 人生は背中でわかる!~55歳の挑戦part2~

  3. あなたは糖質依存症ではありませんか?

  4. マッスルモデル&フィットネスモデル2023高松大会 ウーマン…

  5. 第6回ゆめみGYM合同オンライントレーニング

  6. 果糖中毒について知ろう!健康的な食生活を送るためのアドバイス…